最近気になるポッキン氏の"14リップス"




実際ファットスクリュー等で釣れたこともあるしスライドの動きを見せたりして面白いネタではあるけど、それが効く場面がどれ程あるのかな、と。


けれど様々な環境変化でメバルを釣るのもそう簡単でない時代になりつつある今、自分自身も「食わせの釣り」に走りすぎてる部分もあるんで今一度ルアー個々の持つ波動(動きや形、色、素材)をベースにモノを考えてみようかなという備忘録です。



そういう部分で言えば以前作ったチャタージグヘッドもやっぱり面白い。

image



よほど鬱陶しいのか、それとも吸い込めずにカウンター気味になるのか、こんなに小さい魚でも「ガッ!」とかなり激しくバイトしてきたりします。


それと、これも昔遊んだネタで



image
アジリンガー×ブリリアント


ボロくなったシャッドやリーチ系のしっぽを捨てる前に他のワームと合体。


もちろんこれも釣れますよ、効果のほどは不明ですけど。