寒波の落ち着いた晩、UMA氏が遊んでくれるとのことで大島に行って来ました。


最近の釣行でようやく大島に苦手意識は無くなってきたけど、訪れる度に天気が悪いこの島はこの日も爆風。

でも「釣れればいい」という目標設定で来たので気にしない。




まずは島に入ってすぐの明るい漁港。

背後から風を受けながら、巻きのみで小アジを狙うも反応が薄すぎて即移動。


次に向かったのはいつも活性の高い小メバルが遊んでくれるプラッギング場。

image



image



しかし期待した程ではない低活性、すぐに反応が無くなったのでここも後にすることに。



そして向かったのは出発時、何の気なしにUMA氏が口にしてたエリア。


やはりここでもポイント選択はお任せして、車を停めたのは流れの脇に広がるオープン。

以前来たときよりも更に横風が強いけれど、巻き感のあるルアーならどうにか?といった感じ。

それでも投げたそばから風で真横に流されるので、開き直ってダウンドリフト気味に巻いていると突然


「ドンッ」

とティップが入る。

前アタリが取れず、カウンター気味の引きにちょっと焦る。

そして上がってきたのは上出来の26cmちょい(°0°)


image



瀬戸内でこのサイズは久々なのでビックリ。

でもまだ魚はいる。

時々、UMA氏の「ウッ」という声が聞こえるのがその証拠(笑)


次に釣れたのはなかなかのアジ。


image


しかしこれも一匹ずつに終わる(`Д´)


すると風に"間"が出来るようになったのでもう少し細かく探ってみる。


ふと無風になった瞬間、ただ巻きの合間にシェイクを入れると押さえ込むような小さいアタリ。


反射的にアワセを入れるとより重量感のある抵抗を見せるので、より慎重に寄せて抜きあげてみる。


「ドサッ」という聞き慣れない音と共に上がってきたのは





image




瀬戸内ショアでの自己記録27.5cm!(と少し)

尺には遠くともこのサイズに満足。


これからは大島通いします(笑)



さて、貴重な時合いにブツ持ちを撮ってもらった後のUMA氏はというと。

20くらいのブルーを釣ったのち、今日イチと思われるサイズにバットまで曲げられながらバラシ…

シラスLSPの針が伸びてました(汗)


そうこうしてると、あっという間に潮位が下がって終了。

またじっくり釣ってみたいポイントでした。

またみんなで狙いに行きたいですね。




< tackle data >

【Rod】 SOLBRAZO 610S
【Reel】Vanquish 2000S
【Line】Fluoro Ltd. 2lb.
【Lure】Grassminnow SS #004,115