初釣りは前回の再現を求めて大島へ。


ただ今回は月夜、無風、下げ、と微妙な条件が揃う中でのスタート。

暖かいのは快適だけど、見るからに生命感のない海では時折チビがじゃれついてくるのみ(^^;


image



今にも目に刺さりそうな体当たりばかりなのでプラグは止めて、ワームで底を探ると今度は釣れない。

UMA氏は大遠投していくらかマシなのを釣ったようだけど、変化を求めて場所を変えることに。



次に向かったのはゴロタの藻場、潮位は下がり投げられるコースは僅か。

交代で投げるもやっぱり反応なしか…と諦めかけたところ、突如として風が吹き始めると状況は一変。

藻のスリットから出るわ出るわ。

image



image



しかしここも水が無くなったので隣の波止に戻ると、同じように藻のエッジで連発、サイズアップ。


image



ケンサキに浮気してたUMA氏もいつしか合流して二人で~23までの固め釣りが出来ました(^^)


今回の当たりもまたグラスミノーSSで色はプロブルー系の#115。

今時期ベイトになってるエビにサイズ感、動き、ピッチが合うんでしょうね。



この冬、流石にワームの消耗が激しすぎるので違う釣りを考えねば。