今回はゆーすけと教えて貰ったポイント巡りです(笑)


釣り場はまたも大島。


早くから出掛けてケンサキ狙い、あわよくばアジもと思ってたんだけど、各所回ってもまるで生命感なし。


2月の満月ベタ凪って凄いな。

移動する車中から見た海はまさに月光が「降り注ぐ」感じ。

遥か沖まで見通せる神秘的な、釣りには辛い条件でした。




何時間と釣りをしてまともに釣れた魚は島の南側でゆーすけが釣った、藻の中のメバルだけ。(なかなか良型)


image



でも、ここまでダメだと逆に選択肢も絞りやすい。




北側に戻り、今一度ケンサキを狙いに向かうもポイントに入れず。


そしてここぞとばかりにゆーすけにワガママを聞いてもらい、自分が教えて貰ってきた地磯に行ってみました。




初めての場所は入るだけでドキドキ、同時に今まで認識しつつも見逃してきた事を反省しつつ歩を進める。


海に出て探りを入れていくと、今までが嘘のように次々とヒット!

image



チャートのファットスクリューやR.A.shad、ガンシップ等でも一応は釣れるけど、これは青地補正で実際はアミパターン。

シャローマジックを筆頭に、ユル系プラグでレンジを合わせてあげると良好でした。


しかし流石に二人で釣り続けてると反応も薄くなるもんで、別のポイントの様子も見てから帰ることに。



最後に向かったのは前の磯よりも潮通しは良かったけど、釣れるサイズも釣れ方も一緒で少し期待ハズレ。

めっちゃ楽しいですけどね(^^)


image



ロングリーダーで釣ってもらってたゆーすけは終盤微妙に平均サイズがUP。

image



というのも自分は面倒で飛ばし浮きを固定のまま投げてたんですが、レンジが下がって送り込む必要が出てきた時に如実に表れましたね。


それでも全遊動に変えなかったけど(笑)


ちなみに、反応が良かったのはワームもプラグもラメ系でした。



image



ゆーすけ氏、完徹お疲れ様でした(^^;


そろそろケースの中身も入れ替えですな。