縮景園の桜が開花した翌日、ゆーすけと「とびしま」に行ってきました。


春の魚が乱舞するこの季節のとびしまエリアは超激戦区。

何よりも場所取り優先、最小限の寄り道で目的地へ。


「入れなかったらどうしよう…」


道中の期待と不安の入り交じったドキドキを無人販売のレモンで紛らす。



image
(伊予柑はゆーすけがLAWSONで出会ったおばちゃんからget)


驚きの100円ですよ。もう達成感(笑)



そして明るいうちに目当てのポイントに到着できたんですが、人影は無いが場所取りと思われる荷物…。


諦めて同じ水道部の入れそうな所を見回りながら暇潰し。


image




日も暮れてくると徐々に雰囲気が出てくる。


しかしまだ常夜灯は点いたばかり、ポイントとして機能するまでは時間がかかりそう。

そんな時に遅れて出発していたUMA君から到着の連絡あり、並んで釣りが出来る波止へ移動して待つことに。


カサゴを釣って遊んでいると程無くしてUMA君登場。


あとは皆で信じて投げるだけ。


沖のボトムは二人に任せ、自分はライズを釣ってやろうとメバペンを流しながら潮の観察。

ライズが頻発するタイミングと筋が見えてきた頃、気付けば足元にヨレが発生。


そこでストレンジに結んだアジアダーをそっと送り込む…




image



しれーっと釣りました(笑)

しかし良い潮も長くは続かず釣れたアジは3匹だけ。


激流になった波止に見切りをつけ、また夕方のポイントへ戻ることに。



より明暗のくっきりしたポイントは雰囲気良し。

潮の向きと明暗、常夜灯の色を考えるとココが回遊に当たる可能性高いだろうな、と角に腰を据えて投げていると突然何か大物がヒット!


しかしエステル03号では流石に止められるはずもなくorz


それからはまた暫く沈黙の潮待ち…


竿を置いてイカやイカナゴを探してウロウロしてると、次第に潮が緩み始めまた海に生命感が戻る。



と同時にキャロで探っていたUMA君のヒットを皮切りに連発!


image



そしてゆーすけにはグッドサイズ!



image





さらには


image




そこ、俺も狙ってたのに(´;ω;`)



ということで自分も投げさせて貰うと一発!




image



40ちょいの食べ頃サイズでした(^^)



あとはUMA君だけ…しかし期待も空しくまた川の様な激流に逆戻り。

ベイトの姿こそあれど、その後好転することはなく時間&体力切れで撤収となりました。



今回アジが少ししか釣れず若干物足りない感はあるけど、知らないポイントで結果が出て満足。


春の風物詩は堪能出来たので、今度は少し冒険してみたいですね。




追記)

その二日後、ゆーすけは盛大にやらかすのであった。