(主旨が曖昧だったので加筆修正しました)


ワームを選ぶ時はパターンや水色、光量、などの状況を多角的に見た上で決めるんですけど、傾向としてよく釣れる色をいくつか並べました。



表層の時は黒や赤。

image



ボトムで釣れる時はパールホワイト系と紫とか。

image



image





透明度が高い時はレモン系のチャート

image



グリーングローはローライトのデイゲームでも。


image




クリアとピンクは暗闇以外で。(使い分けの効果はほぼ無い)

image



と、こんな感じです。


実際にワームを選ぶ時は好みや勘の部分が大きいんですが、改めてこれまでの実績カラーを『レンジと光線』に着目して見直してみるとそれなりに整合性があるということに気付くワケです。

いろんな場面でクリアが強いのも納得です。


ついでに言えば「アミパターン=赤ラメ/シード」というセオリーには一定の説得力があることも解ります。

昔売っていた「めんたいこ」もコントラストという意味では同じかもしれません。



ぜひ検証してみてください。