寒波到来前になんとか間に合ったサクラマススペシャルを使いたくてUMA君と西へ行ってきました。


この日寒気はすでに緩んでいたものの、気温は依然として一桁前半。

前日からの冷え込みで釣り人の活性が下がったようで道中ポイントに誰一人いないという珍しい状況でした。


ならば…と好調と噂のケンサキを狙いながら目的地に向かうも、お茶を濁すにも一苦労。



image





そんな状況なので地形的に影響が少ないであろう本命ポイントのメバルもやはり低活性。


ベイトと着き場を想定しながら広く探っていくも食い気のある魚は少ないようで、アタリが出るのはグラスミノーSのみ。


image



SSでは弱いし持ってきたプラグには合うものがない。

UMA君も同じ雰囲気を察知していたようで、さらにアジャストしてアタリを拾っていく。


image


当日の最大魚。

24~25くらい?

その後も何匹か追加してました。






自分は感覚を合わせるのに時間がかかってしまい納得のいく魚は一匹だけ。


image



安定のR.A.SHAD。



その後は潮位の影響かアタリもなくなり、冷たい雨が降り始めたので終了。



シェイクダウン釣行としては満足でした(^^)




インプレとしてやっぱり投げやすいのは3gから。 慣れたら2g程度のプラグやジグヘッド1gでも普通に使えました。

7~10gの飛ばし浮きの飛距離もなかなか。


感度面でも40メートル沖のアタリやジグヘッドの着底、送り込みでのバイトもはっきり分かりました。



唯一の懸念はティップの返りの遅さ。

ヒラセイゴ等、風がある状況下での使用感が気になるところですね。


しかし全体としては満足っす!