季節は帳尻をあわせ、西に東にと景気のいい話が聞こえるようになりました。



そこでUMA氏ととびしまへ。





当日は風速10m/s以上の大荒れ予報、かつ大潮ということもあって釣り人もまばら。


魚を釣るより場所取りの方が難しいのでこれはラッキー。




ポイントに到着したのは潮も下げ始めた頃。


急いで準備して開始すると、一投目からUMA氏はナイスなメバルを連発!





image





潮上に立つ自分にはなぜか一回り小さなサイズ。



image




右に左に、刻一刻と変化する流れを捉えて釣るのは面白いですね(^^)



image




地合が終わった後は転々と見回ってみましたが雨風も強まり、激流に打つ手なし…


そこで最初のエリアに戻り、少しの休憩を挟んで再び潮が緩むタイミングを狙うことに。


image




最初のポイントに戻ると風は相変わらず巻いているもの"間"があり、流速もずいぶんと落ち着いた様子。


1号キャロに0.9gのジグヘッドでアップクロスで刻んでいくと…





image



とびしま体型の25アップ!


さらにもう一匹同じサイズを釣り、UMA氏に状況を伺うと数は釣れるも型が落ちる様子。

前半とは逆の展開になりました。




魚の付き場は当然変わったんだろうけど、ジグヘッドのコンマ数グラムと流し方の違いがレンジの差に。


ちなみにこの日のメバルのお腹の中はアミかエビ。

イカマティ、ブリリアント、アジリンガー、バンプルがヒットルアーでした。


image




次回はもう少しイカナゴの姿が見られると良いですね(^^)