帯に短し襷に長しというか、過ぎたるは及びざるが如しというか。


毎年、毎年これだけはどーもならん。

というのがライトゲームの収納問題。


一番好きな釣りで、色々なシチュエーションが想定できるだけに持っていくルアーの種類も必然的に多くなるわけで。


けれど、基本的に場所取りを要しないランガンスタイルでやってるいると荷物は極力小さく、軽くしたい。


このへんの落としどころで毎年悩むわけですよ。

例えば、一番メジャーであろうVS-3010NSはプラグの収納としては良いけれど

image



ワームを入れるにはほんの少し幅と深さが大きすぎるし、マスも少し足りない。

じゃあ新しく発売されたランガンケースはどうなのよ、と思って見てみると厚みが1.5倍&リバーシブルとなかなかストレスがたまりそうな感じ。


3010の薄め5列位のがあってもいいと思うんですけど、毎年メイホーには無視されっぱなしですw




ついでに不評のF-86。


image



image



サイズ感は最高だけれど86ミリどころか60-70ミリのプラグでもこの始末。

45ミリ前後のメバル用はピッタリだけれど、DコンやX-RAPカウントダウンみたいな背の高いのはもちろん、リッジ46MDRですらダメ。

あとほんの数ミリなんですけどね。


で、これまたメイホーに聞いてみたところ、近くF-86の深型がでるので使ってくれとのこと。

こんどは一気にプラス10ミリ!



それなら3010NS使うわwww