かねてより行ってみたかった島へゆーすけと遠征してきました。



image




結果から言うとサイズは40程度までながらもリリース/バラシまで合わせると10匹ヒット。

遅めの到着・下げスタートでこれなのでポテンシャル半端ないです。


ポイントとしては海域特有の目の細かい砂地に囲まれた波止で、反転流とコンタクトポイントがリンクしたタイミングでキッチリ入れていけば当たる感じ。


とはいえオープンでも潮とベイトがうまく絡めば良いアコウが釣れてたので、イワシの季節にはもっと遊べるんじゃないかと。



image
(イカナゴ付き)




面白かったのは二人とも鉄板のオレンジ色のRAシャッドやサターワームでスタートしたけど、地元の方がイカナゴで無双しているのを見てクリアに変えた途端にアタリが頻発したこと。


至極当然のようにも思えるけど釣れるピンは堤防の基礎から続くかけ下がり、しかも鯛のお腹の中はカニばかりだったのでセオリーで言えばオレンジなんですよね。


まあ「イカナゴが通ったらラッキー」くらいのつもりだったんでしょうか。




しかしこの日はほぼデコイのボトムドライブで通して思ったけど、あまり鯛向きではないよね。

ダウンで入れていくポイントだったから尚更だけど、即合わせすると上顎に掛かっちゃう。


ショートシャンクかネムリの針無いかな。