家からすぐのポイントにて。


ダイビングペンシルをフルキャスト。

着水後、素早く糸更けをとり丁寧にジャークを入れて泳がせるとルアー後方にもじるような波紋あり。


次の瞬間、衝撃が走り竿を引ったくられそうになったけど、どうにか持ちこたえていざ勝負開始!









…という中途半端な夢を見ました(´д`)



ショアジギでフラれっぱなしも精神衛生上、宜しくないのでUMA君に大島に連れていって貰ったんですがあいにくの天気。


image



沖に出る前にとりあえず岸寄りを一流し。

少しするとティップに「コンッ コンッ」と噂に聞く叩くようなアタリが。


そのまま無視して巻き続けて上がってきたのは…




image




30センチにも充たない小さなマダイ。

でも初めて狙って釣った鯛に感動しました。


残念ながら波が高くなってすぐに強制終了になってしまったけど、この一匹で自分は満足。


陸にあがると睡眠不足の限界と酔い止めの副作用で墜ちるように地面で爆睡してしまいました。


後から来てたと思われるエギングカップルにはさぞ怪しまれたに違いない(笑)


っていうかあんなとこで寝てごめんなさい。