image



おうじろうさんと馬くんと自分という不思議な組み合わせで離島に行ってきました。


三人とも寝ないでに行ったもんだから、船に乗り込んだ時点で一仕事終えたような顔してます。


定刻通りに出港すると15分で島に到着。


image



目の前を走る潮、落差のあるブレイクに沖合いには鯛狙いの船団。

垂涎のシチュエーションに何から始めていいのか戸惑ったけど、とりあえずエギングから開始。


image




ところがいくらシャクっても一杯も追いかけてこない想定外の状況にみんな困り顔。




まあ、そんなこともあろうかと自分はライトゲーム竿を用意してたのでワームを投げてみると、あら意外。




image



とうに日も高くなってるのに結構良いサイズ釣れちゃいました。


偶々かも知れないけどメバルに良さそうなポイントが幾つかあったので次に来るときが楽しみです。



で、この後キツイ坂道をヒイヒィ言いながらどうにか越えて、
先のワンドでしばらく過ごしたんですが撮ったはずの写真が何故か消えてました…


詳細はsomeday somewhereにて人任せです(。-∀-) ニヒ



今回内容はとかく、この島に来てホントに良かったなと思います。


出会う人は皆穏やかな方ばかりで、小学生からお年寄りまで我々よそ者に対して驚くほど親切に接して下さいまして。


その温度は伝って自分もいつになく穏やかな気持ちにさせて貰いました。魚が釣れないわりに(笑)



いやはや、歌の通り本当に情の深い島でした。